福岡で初めて沢登りを始めて、今は房総丘陵を中心に奥多摩で登山や沢登りを満喫。まだまだ学生。


by gaku-gaku187

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

書くこともないので
at 2017-05-17 23:25
これから
at 2017-05-15 23:23
5/5  熊倉沢 左俣左沢(..
at 2017-05-07 18:31
5/5 熊倉山~軍刀利神社~..
at 2017-05-06 18:11
5/5  熊倉沢 左俣右沢(..
at 2017-05-05 17:40

リンク

カテゴリ

全体
その他
山登り
海釣り
房総丘陵
奥多摩
観光
佐渡
手賀沼

洋楽
未分類

最新のコメント

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

画像一覧

書くこともないので

自分は断然、邦楽よりも洋楽派だ。
インドアの趣味と言えば曲を探すことだ。
70年代の曲が中心だったが最近は70年代の曲も少なくなり、80年代の曲を探している。

Men at workはwho can it be now で知られているが、down Underなども名曲だ。
policeよりはstingとしてのイメージが強いかもしれないがpolice名義の曲もいい曲はたくさんある。

ただ、70.80年代の曲もそろそろ飽きてきたので、
最近は最新チャートにも目をやるようにしている。
FMラジオのnack5で小林克也がやっているbesthit USAでは
毎週、最新チャートが放送されている。BS朝日のbesthit USAも欠かさず見るようにして
いる。ちなみに今週の1位はブルーノマーズのThat’s What I Like。




[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-05-17 23:25 | 洋楽 | Comments(0)

これから

部活動が総体に向けて毎週末練習試合と言うこともあり、1日休みは少なくなるだろう。
千葉の山なら半日で登れるが、これからは蛭のシーズンということもあり、
行く気にはとてもならない。
最近していることは他の人のブログを見ることや、登山、沢登りの計画を立てること。
計画だけがどんどんたまっていく。

キス釣りのシーズンになったら木更津にでもいくか


[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-05-15 23:23 | その他 | Comments(0)

5/5  熊倉沢 左俣左沢(東沢)

支流との出合いまできてほっと一息。
ここからは竿を少し出してみたが、あたりはなし。
滝をいくつか降り、右沢との出合い。
そこから仕事道で熊倉林道へ。ここで魚影を確認した。
車へ戻ったのは12時過ぎ。約6時間だった。

b0368597_18384243.jpg
b0368597_18385803.jpg
b0368597_18390944.jpg
5m滝
b0368597_18391394.jpg
2段10m滝



[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-05-07 18:31 | 奥多摩 | Comments(0)

5/5 熊倉山~軍刀利神社~三国峠(三国山)~生藤山

3ⅿチョックストーンの滝を直登できずに右岸を高巻くことにした。
滝を越えても沢へもどれる気配がなかったので、
そのまま熊倉山に続く尾根目がけて物凄い傾斜をよじ登った。
他の人達はこの滝を登っているのでやはり自分らは初心者なのであろう。
b0368597_18195481.jpg
b0368597_18195926.jpg
そのまま尾根を登って熊倉山に到着。
山頂からは裏丹沢や富士山、南アルプスの山を一望できる。
b0368597_18201152.jpg
b0368597_18201617.jpg
b0368597_18204067.jpg
b0368597_18204687.jpg
b0368597_18205292.jpg
b0368597_18205609.jpg
山頂で会ったおじさんは熊倉沢の作業道から来たという。
このまま笹尾根を通って、生藤山にいくと言う。
まだ時間もあるので生藤山を目指すことにした。往復で1時間弱だった。
b0368597_18212470.jpg
イカリソウ
b0368597_18213097.jpg
b0368597_18213672.jpg
スミレが多い
b0368597_18214428.jpg
三国峠 960m
3つの都県、東京都、神奈川県、山梨県に接している。
b0368597_18233179.jpg

b0368597_18233793.jpg

生藤山 990m
b0368597_18240042.jpg
b0368597_18240937.jpg
b0368597_18242026.jpg
b0368597_18242438.jpg
b0368597_18243323.jpg
富士見の道とあるようにとにかく富士山がよく見える。
熊倉山の下まで戻り看板の裏の尾根を進む。
b0368597_18262524.jpg
b0368597_18263955.jpg
左沢支流へ枝尾根を使っておりる。
b0368597_18280195.jpg
b0368597_18280766.jpg
b0368597_18281139.jpg


[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-05-06 18:11 | 山登り | Comments(0)

5/5  熊倉沢 左俣右沢(西沢)

熊倉沢は南秋川、矢沢の支流で左俣と右俣に分かれている。
さらに、左俣は右沢(西沢)と左沢(東沢)に分かれている。
今回は左俣の右沢を尾根までつめて、熊倉山を経由し左沢で下る計画だ。

GW休みは南秋川に行くことにした。今年、初めての沢登りだ。
奥多摩は車が混雑することも考えて、南秋川の沢に登ることにした。

自宅を4時に出発して檜原街道を経由し、南郷の集落には6時に到着。
南郷から矢沢林道を進み、熊倉林道との分岐の手前に車を止めた。
熊倉林道が土砂崩れによって通行止めになっているからだ。
身支度を整え、熊倉林道を熊倉沢沿いに進む。
b0368597_17263879.jpg
林道終点手前の左俣との分岐まで進むと、仕事道の木橋があるので渡る。
そのまま仕事道を進み右沢と左沢の分岐のところで入渓した。
b0368597_17272173.jpg
本流と左俣の分岐
やや水が少ないように見える
b0368597_17272623.jpg
b0368597_17292758.jpg
入渓
b0368597_17293440.jpg
分岐を右沢へ
b0368597_17302040.jpg
左沢の様子
いくつか滝を越えると二俣の分岐になるので、左へ進む。
水がなくなり伏流しているところを越えると再び水が戻る。
b0368597_17324492.jpg
2段7ⅿの滝
b0368597_17340782.jpg
炭焼き釜を過ぎると分岐
b0368597_17355812.jpg
伏流
b0368597_17373765.jpg
源流部
b0368597_17380089.jpg
3mチョックストーン

ここを直登できずに高巻くことになった。


つづく







[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-05-05 17:40 | 奥多摩 | Comments(0)