福岡で初めて沢登りを始めて、今は房総丘陵を中心に奥多摩で登山や沢登りを満喫。まだまだ学生。


by gaku-gaku187

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

房総百名山 南総の山 白浜城..
at 2017-09-02 22:53
千葉トンネル巡り
at 2017-08-28 03:23
房総名山 ①市原・君津
at 2017-08-19 23:14
峰から赤指尾根で雲取山②
at 2017-08-14 21:05
峰から赤指尾根で雲取山①
at 2017-08-13 21:04

リンク

カテゴリ

全体
房総丘陵
千葉の観光
奥多摩
観光
筑波山系
釣り
洋楽
佐渡
未分類

最新のコメント

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月

最新のトラックバック

検索

記事ランキング

画像一覧

房総百名山 南総の山 白浜城山・高塚山

朝方まで雨だったので、今日は午後から出ることにした。
軽く千倉の高塚山にでも行こうと決めた。


冨浦ICでおりて、まずは館山砂丘と呼ばれる砂山へ向かった。
b0368597_22462686.jpg
b0368597_22463457.jpg
b0368597_22464522.jpg
b0368597_22465244.jpg
b0368597_22470598.jpg
b0368597_22471602.jpg
ここは浜から吹き上げられた砂で出来ていて、サンドスキーや砂そりに利用されている。
今日は滑った跡がなく綺麗だった。


410号に沿って進み白浜を目指した。
b0368597_22483249.jpg
b0368597_22490204.jpg
b0368597_22491790.jpg
b0368597_22493254.jpg
b0368597_22494091.jpg
b0368597_22494955.jpg
b0368597_22495801.jpg
b0368597_22501658.jpg
b0368597_22502106.jpg
白浜城山は青木観音堂から一周できるようになっていて
道標もあったが、土が堆積しぬかるんでいたのが誤算だった。
展望台からは野島崎灯台、太平洋が見える。


更に北上し高塚山へ。
b0368597_22505914.jpg
b0368597_22512496.jpg
b0368597_22513125.jpg
b0368597_22514292.jpg
b0368597_22515514.jpg
b0368597_22520148.jpg
b0368597_22524730.jpg
b0368597_22525816.jpg
b0368597_22530588.jpg
b0368597_22531437.jpg
麓の大聖堂に駐車場があり、山頂へは35分となっていた。
山頂には奥の院があり、千倉の街並みを展望することができる。


410号で帰路についた。

[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-09-02 22:53 | 千葉の観光 | Comments(0)

千葉トンネル巡り

房総半島は隧道天国と言うくらいにトンネルが多い。
それは粘土質で、岩盤が比較的軟らかいという地質が関係しており、
その多くは素掘りによるものだ。
現在では後からコンクリートで補強したものも多い。

ヤマビルシーズンなのでもちろん山には登れない。
先日、千葉日報の記事で房総半島のトンネルの特集が書かれていた。
と言うことで、トンネル巡りに出掛けることにした。
暑くならないうちに帰ってきたいので5時に自宅を出発した。

まずは月崎にある永昌寺トンネルへ
b0368597_03031186.jpg
b0368597_03035286.jpg
b0368597_03043782.jpg
このトンネルは観音掘りという方法で掘られている。
観音掘りは日本古来の坑道の掘削方法で、いわゆる五角形をしている。
力学的にも円形のほうが優れているため新たにこのようなトンネルができることはないであろう。

近くにある柿木台第一トンネルもこの観音掘りで掘られている。
b0368597_03114708.jpg
続いて有名な二階建てトンネルに向かった。
このトンネルは向山トンネルと呼ばれている。
養老渓谷の弘文洞跡へ行く途中にある。
b0368597_03152895.jpg
傾斜を調節するためにこのようになったそうだ。
b0368597_03153994.jpg
場所を移して富津竹岡へ向かった。
城山トンネル手前から入った場所に燈龍坂大師トンネルはある。
b0368597_03185498.jpg
b0368597_03190105.jpg
このトンネルは鋸山の石切と同じような方法で切り出されている。
山を抜けて海に出られるようにしたそうだ。
b0368597_03190440.jpg

[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-08-28 03:23 | 千葉の観光 | Comments(0)

房総名山 ①市原・君津

石射太郎太郎山ー高宕山ー八郎塚
登山口は高宕第一トンネルで駐車スペースはかなりある。
コースは良く整備されていて、道標もしっかりある。
一般的には八郎塚から怒田沢へ下るが、金吊るしから林道高宕支線へ下るルートもある。
また高宕山から高宕大滝へ下るルートも整備されている。
高宕山からの眺めは良い。


笹郷山ー川又大塚山
清和県民の森駐車場に車を止める。
白鳥隧道付近に登り口があるが分かりづらい。
不鮮明な道を少し行くとお茶立て場に合流する。
尾根を進み笹郷山を過ぎると、小さな道標のある分岐で分岐に入る。
大塚山を通って川を渡れば駐車場だ。

笹郷山

寂光山
豊英湖のフルーツ村に駐車場がある。
フルーツ村を抜けて尾根を進むと笠石がある。林道にいったん出て寂光不動へ入る。
山頂はこの上で岩を巻くようにして登る。林道を下るとフルーツ村へ着く。
笠石や山頂からの眺めは良い。


安房高山
清和県民の森に駐車場がある。
県民の森を抜けて尾根に出て、尾根沿いに進む。
一旦林道に出てトンネルの脇からトンネルの上を通り、山頂となる。
山頂からは鴨川方面が一望できた。林道で下山した。


石尊山ー初日山ー清澄山(妙見山)
七里川温泉に駐車した。
石尊山まで登り初日山までは縦走となる。道標も少なく道迷いに注意が必要だ。
初日山から林道に出て清澄寺まで下る。清澄寺裏には妙見山がある。
バスと徒歩で七里川温泉まで戻ることができる。


大福山
ハイキングコースとしてかなり整備されている。
梅ヶ瀬渓谷から大福山分岐に入り一気に登る。
一度林道に出て山頂となる。
下山は林道歩きで時間ほどだ。



[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-08-19 23:14 | 房総丘陵 | Comments(0)

峰から赤指尾根で雲取山②

休憩をとり、引き返す。

b0368597_21062941.jpg


b0368597_21071339.jpg
b0368597_21072320.jpg
七ツ石山へ向かっているとき、雨が降りだした。

雨は下山するまで止まなかった。

b0368597_21080960.jpg

かっぱを着てバックを整理。

七ツ石山へは行かず、下の巻き道を通る。

そして、赤指尾根からそのまま下る。

赤指山分岐13:00


雨のことも考えて赤指山経由で林道に出ることにした。

赤指山13:10

林道終点13:15


思った以上に林道が長くヘトヘト。

林道ゲート14:20


コースタイム8時間半


車に戻ると峰の最奥の住人?の人がいた。

今年は2017年だから登る人が多いだとか…

日帰りで行ったことを労われた



[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-08-14 21:05 | 奥多摩 | Comments(0)

峰から赤指尾根で雲取山①

雲取山は東京都最高峰の山で、日本百名山にも選ばれている。

また、標高が2017mということで今年に登ろうと言う人も多い。


夏休みの集大成として、雲取山へ行くことにした。

理由の一つには2017ということもあった。

お盆の三連休は気温も低く絶好の機会だった。

天気や渋滞も考えて、最終日の日曜に行くことにした。


順調に行っても9時間近くかかる予定なので、自宅を3時過ぎに出た。

奥多摩湖を過ぎて、峰谷へ入っていく。

そのまま峰まで上がって集落の奥に駐車した。

ここで標高は約900mなので実質は1100mの登りで済む。


林道ゲートから入っていってすぐに登り口がある。

5:50

b0368597_20531991.jpg
5:55


一度林道に出て再び登山道に入る。

6:15


植林地帯を抜けて赤指尾根に合流。


b0368597_20540183.jpg
6:50


落葉松の中を抜けていく。

石尾根の最後の詰めはきつかった。

b0368597_20551231.jpg

石尾根縦走路と合流。

8:10


少し登ると七ツ石山1757m。

8:20


石尾根は快適でアップダウンも少ない。

奥多摩小屋ヘリポート

b0368597_21023823.jpg
9:00


小雲取山直下の登りはきつかった。

小雲取山通過。

b0368597_21023374.jpg
9:30


そのまま雲取山へ。


b0368597_21030956.jpg
b0368597_21031519.jpg
9:50




[PR]
# by gaku-gaku187 | 2017-08-13 21:04 | 奥多摩 | Comments(0)